2. アウシュビッツの処刑執行人はどんな人?2015年02月11日 00:46



四柱推命では、
その人の持つ星の(吉凶)のパワーバランスを見て
欠けているところを補ったり、弱いところを強めたり
を活す方法を考えたりします。


5行と言う木火土金水(もっかどごんすい)の
バランスが良いと理屈ではラッキーで運勢が良い、
ということになるのですが
時に星が揃いすぎると・・これがまた問題、
というようなことも起こります。


星が揃う人というのは、
現状への満足感があり
不平不満を感じにくくなります。
その人自身は「幸せな人」
となります。


ところがそんな幸せでラッキーな人は
他の人も自分と同じように
考えがちです。

なんでも自己流解釈だったり
一人よがりになったりするのを
気をつけて欲しいのです。


吉星の揃った「幸せな人」というのは
ともすれば肝心な時に危機感なく
他者依存で考えたり、無責任なになったりする
危険性がある。


***


「自分に責任がないなら、
人はどんなことでもやれしまう・・・」

そんな最たる例が
ナチスの「アウシュビッツ大の虐殺」の指導者
アドルフ・アイヒマンでした。

四柱推命で調べてみると
星がすべて揃い、
周囲の人の評価は「悪人」ではなかった。


戦後の戦争責任を問うエルサレム裁判で
当然のことながら、アイヒマンは死刑に
なるわけですが

その裁判を取材していたドイツ系ユダヤ人の哲学者
ハンナ・アーレントはアイヒマンがいわゆる「悪」を
感じさせるような人物ではないことに着目。

「悪」とは一体何かを分析し、
悪の凡庸さ、陳腐さという
論文を発表しました。


端的にいうと「悪はどこにあるのか!?」
悪者がいないのにこんな大惨事が起こったことを
言ったわけです。

それゆえ、ハンナはユダヤ人同胞からは
アイヒマン擁護と言われ、反ユダヤとして大ブーイングに
さらされたのです。


アイヒマンは、自分は命令に従っただけで
なんの責任も罪の呵責もないと主張した。
「一人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の
数字に過ぎないと言い放ち、最後まで自分は
命令に従っただけと無実を主張した。


ハンナ・アーレントはこう考えた。
あなたの身近にもこんな人がいるだろう。
それはあなた自身であるかもしれない。
社会に有能で、職務に力を尽くし
仕事に責任と自信を持っている人。
人に賞賛され、立派な社会人と見なされる人。...

そして何かあると
「自分は言われてやったので、責任はない。」
という・・・そういう価値観にこそ落とし穴がある・・

戦争や大虐殺を引き起こす「悪」が
内包されているのだと。
だれだって「悪」の権化となってしまう恐れがあると。

たとえアイヒマンを戦争犯罪人として
つるし上げて死刑にしたって
それで一体何が解決できるのか?

そういうことが、ハンナの頭によぎったのだと
思います。


*  *  *  *


帰属する社会や上司が間違った事を
指示すると、我々は一体どうなるのか?

私たち一人一人は
自力で世界を良くする責任を
果たすことができるのか?

とてもむずかしい問題だと思います。





3. 四柱推命のはじまり2015年02月11日 23:37


四柱推命は960年
中国は宋の時代に
編纂されたと言われています。

もちろん、それよりずーっと前から
このような暦を元にした吉凶占いは
研究されていたわけです。
四柱推命が完成するには
地位の高い人物が関わり、優れた霊感の
を持つ占師(陰陽師のような呪術師)の
力が必要でした。

そして、暦と人々の誕生日との関係について
大々的な調査を何度も行い
データ収集し、ウラ取りをしたのです。

日本には1710年(宝永)、江戸時代
元禄の頃に伝わりました。
当初から「当たる」占いと言われ
時の「権力」の驚異となりました。

中国でも、そして日本でも。。
広まると、人心を惑わす術として
弾圧されるようになります。

日本では戦時中、昭和17年
四柱推命関連書物の出版が禁止され
占いも禁止。四柱推命鑑定士は
廃業に追い込まれました。

戦後になり昭和22年、新憲法発布により
思想、良心の自由が保証され復権しました。

今、四柱推命は誕生の地である中国(中華人民共和国)では
文化大革命などの弾圧の結果、その資料はすっかり失われて
しまいました。今や日本と台湾(中華民国)に一部残っている
のみと言われています。


♪ いくたま鑑定所にあるラブラドライト
    




4..がけっぷち占いに来られる方って・・2015年02月13日 23:01



毎週、いくたまさんに来られる方々を
見てますと、神社の片隅にあるこの
崖縁占(がけっぷちうらない)と書いてある小屋に
なんだかんだつっこみを入れながら
お参りされています。


小屋を興味深く覗いたり遠巻きに眺めたりしながら・・・
「占いって怪しいし。」と思ってる人も多いと思います。
でも、神社にあるくらいだから大丈夫だろうと
思って入ってくれる方も多いのです。


* * * *


小屋の前にあるのは鴫野神社という
縁結び、縁切りの神様があるので
隠れたお参りスポットになっているのです。


特に縁切りに詣られる方は
皆さん思い余る悩みがあり
神頼みをされています。


* * * *



崖縁占に来られる方はこんな方がこられます。

①占いをやってくれるところをWEBで検索して、
 どなたかのブログや体験の書き込みを見られて来る。


②お参りやたまたまの通りがかりで、
  ちょうど悩みがあったり、興味本位で
  見てもらう気になった方。

③知り合いが見てもらったり、どなたかの紹介で来られる。

④前に来たことがあってのリピーター。
  相性など、別な人を見て欲しいとやってくる。

など。

お気軽にどうぞ!




6. 生國魂(いくたま)神社ってどんな神社?2015年02月15日 00:00


生國魂神社は大阪の氏神さまです。
初代、神武天皇は現在の大阪、
(上町台地の一番北、現在の大阪城あたり)
難波津(なにわつ)に上陸して
ここから国を治めようとしました。

その初めに神さまを祀ったのが
現在の生國魂神社の起源です。
ですから、難波宮や聖徳太子の四天王寺
よりも古いということになります。

神武天皇はカムヤマトイワレヒコノミコトであり
はじめて、地上に降りた天皇で
その足取りの正確な年数とか確定できない
ので、今の歴史の教科書にはのらないのです。

しかし、いくたまさんが初代天皇が建てた
日本最古の最重要神社であることには
かわりがありません。

ikutamajinja

豊臣秀吉による移転や
戦争・空襲ですべて焼け
再興されてある現在は
歴史の面影を残すものではありませんが
いくたまさんはまぎれもなく天皇直系の
官幣大社なのです。

生國魂神社に祀られたのは
生島の神、足島の神の2神。
後に大物主大神(オオモノヌシノオオカミ)も
加わる。(俗に大黒さま。奈良・三輪大社の神さま)

境内(けいだい)には
アマテラス大御神(伊勢神宮)、天神さん(天満宮)
住吉さん(住吉大社)があり、稲荷神社、鴫野神社他、
さまざまな神さまがおられます。

この境内=聖地の隅っこに
崖っぷち占いがあります。
私の母である初代 伊藤象慧
(いとうしょうけい)が
宮司さんに呼ばれ、小屋を開設したのは
20年前です。

いくたま神社

いくたm神社





「海をこえて」 (作詞 作曲 伊藤ひろし)

海をこえて 大地を目指そう
波のかなた 夢はひろがる

海は荒海よ 嵐は近い
心を合わせ 命を燃やそう

アイヤ イヤイヤ オーレーオ
国はまほろば 大地は栄える
人の心に 花が咲いている

大きな夢と希望を残して
生きてゆくのが 我らの仕事よ

海をこえて 明日をめざそう
我らの国に 朝日が昇る



7.大阪の正念場2015年02月16日 17:45

♫ 我らの愛する大阪はこれからが正念場。
  その将来はリーダーである市長の力に
  かかっていると思われます。
  では、かの市長はどんな星を持っているのか、
  (気になりますよね)
  四柱推命で見てみました。

乙卯(きのと・う)の日生まれ、
しなやかな木の人です。 
(木火土金水あるうちの木です。)

頭が良く仕事も忙しい人。
自我・正義感が強く、正しいとを思えば
それを口に出して言い、押し通す強さがある。

ということは、星通りに生きる人生だと、
常にトラブルを抱えることになることが考えられます。
経験に学ばなければいけません。
しかし、それがしにくい人でもあります。

おおらかな大木(リーダータイプ)ではないので、
細かいことが気になります。
とても正義感と自己・自我が強いので
常に言い過ぎになることが予想されます。

頭が良く、才覚があり自分の考えは正しい
と思っていることを、どう表現して、
みんなの意見になるように
持っていけるかが、大きな課題です。

星の有無をみると、
自我、才覚、財運、仕事星が揃った有能な人です。

ひとつだけ欠けていますが
それは精神・スピリチュアル面の星です。
この星は人物で言うと母を表し、
母親とのご縁がない、ということにもなります。

自分を助けてくれる母星(ははぼし)がない
ということは・・
時に、人としてのやさしさや暖かさや
人格の深さに欠けてしまうということが
あります。

この分野は「目に見えない世界、
自分を助けてくれる力」を意味し
たとえば「勉強」「趣味」(技術)「宗教」・・
などを表します。

一旦身についたら失うことがないモノ。
お金も仕事もなくなっても・・残るもので
自分を助けてくれる力となります。
芸は身を助ける・・という具合の星です。

スポーツでも芸術でも
学術的な研究でも、なんでも
ひとつのことを学び、追求し技術を身に付けると・・
その「目に見えない」力は自分を助ける力になります。

目に見えない力とは
「心を鍛錬」して得られる力のこと。
それが人を強くし、人間を大きくするという法則が
働くのです。



母星の助けがなく
現実面の星が強い人は
自分ひとりで頑張って生きています。

しかし、私たちは誰でも先祖があり
両親があり、多くの助けや
関係性の中で生きています。

そういったことに目を向け
感謝の心を持つことで
さらに運勢が良くなるという法則が
あるのです。

母星がないということは
母の愛を知らない人となり
感謝に欠ける心を意味し、
信心が欠ける心を意味します。

感謝の心を持たない人は、
即物的な人になり「薄い」ということになる
のです。


****

いくら正しい考えを持っていても
人としてのやさしさや人間としての大きさ
風格がないと信頼性や説得力に欠け、
しいては人がついてこない・・ということに
なってしまう。

政治家は国民に遣わされた人
(つかわされて)やる仕事のこと。
「俺の意見」ではなく「民意」の
代弁でないと意味がない。

そして、わたしたちもまた
一人一人が、天から(神、地球でもいいです。)
に遣わされて生きている存在です。

与えられたポジションに対する感謝と責任と
実行力があれば、おのずと「人望」と「結果」は
ついてくるでしょう。

というわけで、今の市長は
市民が辛抱づよく、育てなくてはならない方。
育て甲斐のある人。
と言えるのではないでしょうか。

これまでの経験に、何を学んだか?が
問われています。
やれば、できる方。働き者ですから、
大いにこれからを期待したいと思います。

ではまた!


*「星」とは、

「悪い星の下に生まれて」(Born Under A Bad Sign )
というブルースナンバーがあるのですが・・
それと同じ意味で使っています。


・動かしようのない印、
・どうしようもない運命、
・その人が持っている生まれつきの「業」
 「癖」「性格」というような意味を含んでいます。


8.的中を誇らず人を救う2015年02月25日 18:13


花さじき3


占いの先輩である
手相、カバラの先生に
新聞の切り抜きをいただきました。

江戸時代の人相見の水野南北という人のことでした。
「黙って座ればぴたりと当たる」と
評判だった人物だったそうです。

人相を見ただけでその人物が
どんな人物か当ててみせるわけです。
その生涯を作家の神坂次郎(こうさかじろう)氏が
「だまってすわれば」の中で書いています。

南北さんはその昔は大阪で極道者だったらしく
そんな時に人相見の達人に出会って
「死相が出ている」と言われました。

南北さんはびっくりして、死相を消すために
あらゆる事を考えたすえ、生き方を見直し粗食にし
生活を根本から見直しました。

やがては「人の吉凶は食生活が左右する」との
考えにまで至ったそうです。

運命さえも飲食で変えることが出来るという
ことを体得したのです。 (非常に深い話ですね)
こんな水野南北さんの命運学の信条は
「的中を誇らず人を救う」でした。

占いが当たってそれを誇るなど
もってのほか、人を助ることが
自分の仕事であると悟った南北さん。

あなたも心して
仕事をしなさいと教えられました。




花さじき1
淡路島 花さじきは菜の花が満開。