和太鼓瞑想で自分に向き合いませんか?2017年03月28日 21:37

4月19日(水)19:00~20:30
浄鼓音(きよね)ワークショップ「和太鼓瞑想」

場所:高津宮(こうずぐう)
   大阪市中央区 地下鉄谷町線、
   谷町9丁目2番出口から5分
   大阪市中央区高津1-1-29
会費:1500円
※ 当日は楽な格好でおいでください。
申し込み先:mulasia@aqua.email.ne.jp


(プログラム)

1.太鼓瞑想・解説

2.参加者紹介  

3.和太鼓体験  *自分で叩いて太鼓の響きを感じてみよう。

4.和太鼓瞑想  *太鼓の音・響き、さまざまなリズムに身を委ねてください。 

5.体験報告

6.お茶タイム 

講師:象慧*天尋


■太鼓で瞑想とは・・・ 

一言で言いますと太鼓による音楽療法?

太鼓の鼓動、響きの中に入ることで、

脳を休め、心身の免疫力UP健康を取り戻すプログラムです。

 

瞑想というと、深呼吸をし、日頃の自己を離れ

無心になろうとするわけですが

深くゆっくり呼吸することができなかったり

なれていないと、案外やりにくいものです。

 

そんな時、太鼓はその響きの中に身を置くだけで、

心身が安定して脳が集中するという効果があります。

人の心臓は太鼓の音に同調する特性があり

テンポがゆったりしていると心臓の鼓動もゆったりと・・

早まると、ウキウキと・・

人は生まれる前の胎内から母の心音を聞き、

自分自身も鼓動を打ち、そうして血液を体内に

送り出している。 

 

※象慧からの一言・・・

太鼓瞑想、英語では「マインドフルドラミング」といいます。

ガーナ出身のココモン師による太鼓(ジャンベ)によLAの青少年活動の成果は

いっしょに太鼓をたたくだけで、それまで白人、黒人、ヒスパニックなどバラバラだった

若者たちが心を通わせることができるようになりました。

太鼓はノンバーバル・コミュニケーション(言語を使わずに人種を越えて

互いに受け入れ合う)を可能にするのです。 

 

太鼓瞑想の体験者の言葉によると、

「温泉に入ったような気持ちになった。」

「自分のこだわっていた事を手放すことができた。」

「開放された。」

「亡くなった家族に出会うことができた。」(霊的な体験)

「ストレスによる、身体の痛みがあったが緩和された」

など、その体験は人それぞれに違います。

 

*以下のような症状や自覚のある方におすすめします。

 

(症状)

「ストレスによる心身の不調」

「体がだるい。寝ても疲れが取れない。」

「考え事が頭から離れない。」

「気力がない。やる気がでない」

「マイナス志向になる。何対してもイライラする」

「怒りが抑えられない」

「投げやりになる」

「自己否定、自分を認められない」

「原因不明の痛みが出る。」

 

「浄鼓音・太鼓瞑想」で元の自分自身をリセットしていただく

きっかけになれば幸いです。